無職でもキャッシング可能

平成22年の貸金業法が改正されてから、キャッシングは非常にみじかなものになりました。
改正により上限金利が下がったことから、各キャッシング会社も様々なサービスを打ち出し、多くの人が利用できるよう努めています。
最近では働いていなくてもキャッシングを利用することができます。
そのため、主婦の人が利用することが多くなっています。

ただし、無職の人がキャッシングを利用するには、配偶者貸付という制度を利用することになります。
配偶者貸付とは、その家庭の配偶者に収入を元に貸付を行う制度のことで、主婦の人であれば、旦那さんの収入を元に審査が行われます。
旦那さんが借り入れを行っている場合は、その借入額も含めて審査が行われますので、事前に借り入れがいくらあるかを聞いてみるといいでしょう。

また、旦那さんに黙って借り入れを行うことはできません。
借り入れには旦那さんの同意書などが必要になるため、事前に相談やお願いをしておくことをお勧めします。
無職の人でもキャッシングの契約は可能ですが、通常に比べれば、審査の通過は厳しいと言えるでしょう。
ただし、無職といっても、様々なケースが考えられます。
例えば、勤めていた会社が倒産、もしくはリストラで無職担った場合です。
このようなケースはでは、次の務め先が決まっていれば、審査は通る可能性があります。
ただし、務める予定の会社からも書類を提出しなければならないため、通常の申し込みよりも時間と手間がかかります。
会社側にはあらかじめ連絡をいれておき、迅速に手続きが行えるようにしておくといいでしょう。